上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
今週は、日経賞と産経大阪杯でG1クラスが大勢出場。非常にレベルの高いレースが見れます。

大阪杯のエイシンフラッシュはデビュー当初から動きは超一流で、滅多に出ない逸材。

ダービーは勝ったが、その後はいまいちはじけない。

しかし、豪快に動く馬ほど完成するまでに時間が掛かる。昨年秋の連敗は気にならない。

欲を言えば完成するまで、より合っているマイルあたりを使って欲しかったが、規格外の大物にはその必要は無いかも...

現4歳馬は史上最強レベルは間違いなく、現段階で完成されたヴィクトワールピサ、トゥザグローリーを筆頭に、成長途上のペルーサ、ルーラーシップ、そしてこの馬。

まだまだ他にもたくさんいる。

今週の大阪杯ではこれから1K軽い58Kのドリームジャーニーがもっとも強力ですが、少なくとも勝ち負けまでは持ち込みたい。

今回直線失速するようなら、一度マイルで使って欲しい。

それにしても同じレースに出走予定の、ダノンシャンティがまた2,000M以上を使ってくることが理解できない。

明らかなマイラーにも関わらず、自身の範囲外距離を走らせ続ける事で馬への負担は計り知れない。

有馬記念でそこそこな見せ場をつくってしまった事が関係者の判断を鈍らせたのか...

G1を勝ったといっても若馬だけでのレース。まだまだ成長段階の馬。

まずは完成するまでは、本来合っているレースを使ってとにかく「普通」に完成させることが大事です。

完成してから、違う距離を試すのが正攻法で間違いないやり方だと思う。

相当な素質馬だけにもったいない。

合わない距離を使い続けると、馬の成長を妨げ、そしてスランプを長引かせる。

ヴィクトワールピサの勝利で日本の競馬はまたひとつ世界レベルである事が認められた。

週末も史上最強世代を認識する週になると思います。

今週出走予定の「史上最強世代」も負けていない。



スポンサーサイト
2011.03.29 Tue l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。