◎エイシンフラッシュ
○ペルーサ
▲ダークシャドウ
△ブエナビスタ
△メイショウベルーガ
×ジャーメイル

現役最強世代の4歳牡馬で昨年のダービー馬、エイシンフラッシュは今回正念場。今年に入って本来の能力が徐々に発揮されつつある。デビュー当初からこれぞG1馬と思わせる一流の動作。豪快な動きをする馬ほど完成するまでに時間が必要。同世代のヒルノダムールに斤量差はあっても2度続けて負けている。能力的にそれ以上と思わせる馬に2度続けて負けるという事がどこかでそれを挽回する場面が必ずある事を想像させる。スイッチが入った時の一瞬のトップスピードは現役屈指。勝ち切るかどうかは今回のメンバーでは容易では無いが、能力は超一流であることは間違いない。今回は間違いなく買いだ。

昨年のこのレース、勝負は終わっていたが一頭だけ全く脚色が違ったのがペルーサ。筋肉隆々の肉体と豪快なフットワークはまだまだこれからの馬だ。藤沢厩舎では珍しく2週続けていっぱいの追い切りをこなして本気度が違う。これも今回正念場だが昨年同様の追い込みが炸裂する場面が想像できてならない。

ダークシャドウの勝ち方が普通ではない。3度続けてうならせるレース。G1を勝つ馬というのはこういったレースを出来るかどうかだ。今回も勝ち負け必至。

今回勝つのは、強い4歳牡馬の中でこの上位3頭のどれかが勝つ。


去年のこのレースの勝ちっぷりは能力が違いすぎると思わせたブエナビスタ。G1ばかり使われてここまで長い期間好成績を出し続ける馬はそうはいない。どの距離でもどの相手でも結果を残す、史上最強の牝馬。今回、稽古で遅れたが全く問題ない。本来もともと稽古では目立たないし、CWでは特に走らない。ぱんぱんのスピード競馬が得意で日曜日も相当な時計勝負になる筈。強い4歳牡馬を唯一一蹴することが出来きるのがこの馬だ。

後は難しい。3着は何がきてもどれも実力馬で驚けない。

人気になっているアーネストリーは大外枠という事と先行馬であるという事で今回は特に厳しい。最後まで平均ペースでばてない強みが逆に今の東京競馬場の馬場に合わない。走る能力はもともと超一流では無くスピード競馬も得意ではない。昨年以上に厳しいレースになる事は間違いない。ローズキングダムも前走59Kであの競馬ならもっと買われていい筈だがそれほど人気になっていない。坂路の走りは以前から一流とはかけ離れていて今回の相手ではとても届かない。スタミナ色が強くこの条件では掲示板も無い。

現役最強世代で出走していないヴィクトワールピサとヒルノダムール。出るかどうかわからないが、次走でこのメンバーと再度戦うジャパンカップが今から楽しみ。さらにこれらの相手と戦うオルフェーヴルを交える有馬記念は史上最強のメンバー構成になる事は間違い。

その前のこの天皇賞。

ここは面白い。









スポンサーサイト
2011.10.30 Sun l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top