上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
第56回有馬記念(GI)

◎エイシンフラッシュ


フルゲートにならなかったのはこのメンバーの豪華さ故。これ程までの有馬記念は今までに無い。同世代で敵なしのオルフェーヴルに史上最強牝馬ブエナビスタ、世界を制したヴィクトワールピサ。馬券よりもこのレースの結末がどうなるのか、それが楽しみで仕方ない。

軸の一頭であったペルーサが出走除外。残念だが仕方なし。

皐月賞から全てのレースで本命馬券を買っているエイシンフラッシュ。前走を見る限りやはり距離に問題があるように思える。ダービーを勝ってしまった事がその後のこの馬の成長を止めているように思える。競走能力は間違いなく世界で通用するが、立つ舞台を間違っているように思えて仕方ない。現在、選手権距離は役者揃いだが、マイル戦は層が薄い。本来主役である筈のこの馬が居ない為なのかと思ってしまう。ギアが入った時の一瞬のトップスピードは現役で1番。間違いなく早い。3,200Mの天皇賞で2着に入ったのはこの馬が超越した能力を持っている証。史上最強世代の4歳牡馬が最後で意地を見せないか。本来の競走能力を示すには、スピードを存分に発揮できる距離だとは思うが、この距離で本命を買うのはこれで最後。騙されてみたい。来年以降は違う路線を選んでくれる事を願う。

馬券は、今年一年賭け続けた馬から。


①ブエナビスタ
 有終の美を飾れるか。何も言う事が無い。

②ヴィクトワールピサ
 昨年に比べて走りが小さくなっているように感じる。今週の追い切りも前走同様、以前のガツンとくる物が無かった。前走が負け過ぎで今回は間違いなく前で勝負する。昨年覇者の意地を見せれるか。

③ヒルノダムール
 前からそうだが、後ろに重心が有り頭も高い。ここ2週、最後だけ追い切るパターンを繰り返している。今回は終いに賭けるレースをする。

⑦トゥザグローリー
 天皇賞で復調の兆しが見えたがJCの内容が不満。稽古の時計は上向いている。絶好調時の走りが戻れば勝ち負けだが...このまま終わるような馬にも思えない。

⑧ローズキングダム
 ここ2走は精一杯走っての結果。珍しくCWでの追い切り。動きはよかった...3着ならあるかもわからない。

⑨オルフェーヴル
 ここでも間違いなく勝ち負けの存在。もしもこのレースがハンデ戦なら古馬相手でもトップハンデと同斤量だろう。勝ち負けできる相手に斤量上で0.4秒のアドバンテージがあるのは大きい。しかし今までの相手とは全く違う。4コーナーでの位置がどこにあるか。今回の相手は全てが直線伸びてくる相手。間違いなく今回は今まで通りには行かない。毎回楽勝で2着に下している相手がJCで好走した事が、逆にこの馬の一着は無い事を想像する。2着以下になってもこの馬の名誉は全く傷つけない。馬券としてはあくまで紐の一頭にする。

⑩トーセンジョーダン
 ここ2走が想像以上の粘り。強くなっている。前脚が良く上がり力強い。馬なり程度の追い切りが疲れを残しているように勘ぐるが動きは元気だ。

⑪ジャガーメイル
 秋4走目で今回が1番動いた。JC同様今回も人気は無い。人気は無いが馬券内も十分ありえる。

⑫アーネストリー
 宝塚は展開の助けが大きかった。このメンバーでは格は下。見送り。

⑬レッドデイヴィス
 今週の坂路の動きはやはり一流。ここは経験を積むべきで金杯を使ったほうがいい。負担が大きすぎる。買えない。

⑭ルーラーシップ
 間隔は開いたが、史上最強4歳牡馬の中の一頭。嵌ればここでも怖いが最終追い切りが不満。もっと動く馬なのだが..しかし能力は高く買いたい。

消せる馬が少ない。

どんな結果になるのか。見届けたい。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
2011.12.24 Sat l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。