上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
第26回根岸ステークス(GIII)

◎ダノンカモン
○セイクリムズン
▲ヒラボクワイルド
△オオトリオウジャ

軸はダノンカモン。最近はCWで昔ほど動かない。射程距離では無いJCDは予想以上に粘った。昨年も2着で56Kの斤量も有利。実戦での安定したレース振りも信頼できる。

昨年覇者のセイクリムズン。スーニーに尽く負けているが相手はダート短距離部門ではこの馬には現状勝てる馬はいない。1,400Mなら能力は高く今回も上位争い必至。

ヒラボクワイルドは前走1,400Mで開花した。今後は短い距離で戦う事になるでしょう。もう一丁の可能性もある。

穴はオオトリオウジャで。準オープンではあるが、3走前の京都オータムプレミアムでの末脚が忘れられない。坂路では毎回よく動く馬で、もし嵌ればと思わせる。

他も難しい。ブックで印の多いテスタマッタは58Kが気になる。シルクフォーチュンはスタートが悪く信用出来ない。タイセイレジェンドは伸びしろが無いように思う。

一長一短で昔いが、順番的にはダノンカモンだ。


第47回京都牝馬ステークス(GIII)

◎ショウリュウムーン
○アスカトップレディ
▲エーシンリターンズ
△ドナウブルー
×スイートマトルーフ

以前よりも安定感が出てきたショウリュウムーン。今週坂路で12.9要しているが重い馬場で問題無い。先週は52.7-12.3でいつも通りのキレのある時計。大きく負ける事は考えられない。

全走でそのショウリュウムーンに先着したアスカトップレディも調子は良さそうだ。京都コースとマイルは適性が高い。今回も勝ち負け。

7ヶ月の休養明けだが、エーシンリターンズを狙いたい。3週続けてCWで抜群の時計で一杯に追っている。前走勝ってようやくオープン馬だが、重賞での3着が3回ある。格負けはしない。

ドナウブルーも能力を感じる。京都3勝でコース巧者。52Kでもありどこまでやれるか。毎回坂路では合格点の時計でまだまだ成長する可能性は高い。

ブックで印の多いレディアルバローザは京都に実績が無い。4勝すべてが阪神でのもので、今回休養明け。静観したい。ブック本命のコスモネモシンも京都では走らない。中距離あたりで後ろの方からばててきた馬を少しづつ追い抜いていくという感じのレースが多い。今の京都のマイルを走るイメージがわかない。これも静観。

軸は、ショウリュウムーンとアスカトップレディの2頭から。


にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2012.01.28 Sat l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。